筋トレマッチングアプリのアイディアを公開します。

ツイートの反応がすごく良かったので大急ぎで記事を書いています。

以前から「コンテンツ作り」より、「システム作り」に興味がありました。

過去にやってみたもので、
・身長体重などの身体情報と目標体型を入力することで、目標を達成するために適したマクロ栄養素のバランスを算出するツール
・僕の記事をセミナー用の資料にして無料配布。
などがあります。

これらはおそらく管理栄養士やトレーナーの人がクライアントに対して、またセミナーなどで毎回労働を強いられる部分ですが、うちのブログを使うと労働せずに成果が得られます。

「みんながやっていることを僕がやってそれを無料で配布する」ことができれば、多くの同業者の作業量を削減できると思って始めた ”システム” です。

そして挫折したものに
・トレーニー(トレーニングする人)同士をマッチングさせ、ジムでのコミュニケーションおよび指導を活性化させるSNS
があります。

このSNSについて、僕はかなり大きな可能性を感じていて実際に動かせるようであれば社会に大きな影響を与えられるのではないかと思っているので、今回はそのアイディアについて詳しく書くと同時に誰か作ってくれる人いないかな〜(チラチラ)って感じの記事にします。

当マッチングアプリのコンセプト

以前、けんすうさんがパーソナルトレーニングのマッチングアプリがあったら面白い。というようなことをおっしゃっていました。

ただ、僕がやりたいのはトレーニー同士のマッチングアプリです。

トレーニング指導をしたい人と、トレーニングの指導をされたい人のマッチングアプリですが、指導側をパーソナルトレーナーに限定しないことがこのシステムの肝となります。

僕はパーソナルトレーナーではありませんが、初心者へのトレーニングの基礎指導ぐらいはできます。もちろん職としているわけではないので、本業の人と比べると質は落ちるのですがまぁ十分でしょう。

こんな風に思っている人が他にもいるんじゃないかなぁ。
というか、僕は公共のスポーツジムで10年以上トレーニングしてきて、もちろん指導者はパーソナルトレーナーではなくジムのインストラクターさんとトレーニング仲間のおじさんがたです。

そんな僕の経験をいろんな人にもしてもらいたいと思い、ジム内でのコミュニケーションが活発になるSNSがあったらいいなぁ、っていうのがこのマッチングアプリのコンセプトです。

より詳しく

UIはTwitterのようなものを想像しています。

タイムラインにコンテンツが集まり、プロフィールがあります。

タイムラインへの投稿

ただTLに投稿する内容は筋トレメニューや食事内容に特化します。
投稿画面も簡単に専門的な内容が投稿できるように、セレクトボックスの選択肢から選べるような形が好ましいです。

筋トレメニューの投稿であれば、

トレーニングの部位は?

  • 上半身
    下半身


    背中
    上腕二頭筋
    上腕三頭筋
    etc…

トレーニング種目は?

  • ベンチプレス
    スクワット
    デッドリフト
    ラットプルダウン
    アームカール
    etc…

セット数やレップ数も簡単に入力できるようにしましょう。

食事内容の投稿であれば、マクロ栄養素が入力できるようにします。

最終的には自分のカロリー収支のメモのような役割を持たせることも可能です。

プロフィール

プロフィールはFaceBookぐらいの実名が好ましいです。

  • トレーニング歴
  • トレーニング目的
  • 主な出没地域
  • 契約しているジム(エニタイムフィットネス/ゴールドジム/etc…)

などはマッチング時に必要になるのでセレクトボックスで入力します。

地区が同じ人や契約しているジムが同じ人同士だとマッチングしやすいですね。

プロフィールやTLへの投稿を見て、「この人からトレーニングを学びたい!」と思えばフォローしたり、DMを送ってみたり。

マッチング後の指導者への報酬

マッチングが成立し、一緒にトレーニングに行けたとしましょう。
一方が指導をし、一方に良い学びがあったとしましょう。

この経験はぜひSNSにてフィードバックしてもらいます。指導してくれた人のアカウントへの「いいね!」などですね。

これにより、アカウントの信頼性が高くなっていきます。

マッチングした者同士での直接の金銭のやり取りはNGです。
これを行ってしまうと、既存のパーソナルトレーニングシステムと同じになり、多くのジムで定められている「認可されていないパーソナルトレーニングの禁止」という条約に触れてしまいます。

逆に言うと、金銭のやり取りがないこのアプリでのマッチングはどんなトレーニング施設でも一緒にトレーニングすることが可能です。

まぁこの辺は屁理屈っぽいので、最終的には大手ジムへ営業に行き認めてもらう等の対策が必要となりそうですが。

ユーザーへの還元

指導を欲しているユーザーへのメリットとしては、「指導を受けることができる」というわかりやすいメリットがあります。

対照に、主に指導をすることを目的としてこのSNSを使っているユーザーに対しては運営側からなにかメリットを還元する必要があるわけですが、今考えられるものとしては

  • フォロワー獲得による自社コンテンツへの横流し
  • 指導をすることにより獲得したアカウントの「いいね!」をポイントに還元し、サプリメントなどのプレゼントを獲得
  • フォロワーからの投げ銭、及び投げプロテイン

などです。

投げ銭をしてしまうと既存のパーソナルトレーニングと同じ形になるので、サプリメントの還元が好ましいです。
このSNSを協賛してくれるサプリメント会社などがあれば、それを運営側から送ることができるかもしれません。

まとめ

  • 筋トレ発信に特化したTwitter
  • 投稿内容が限定されるので選択式で簡単投稿可能
  • ユーザー同士をマッチングさせ一緒に筋トレ
  • ユーザー同士で指導し合う
  • 有益な発信、多くのユーザーへの指導を行っているアカウントへは運営側からペイバック

市場を調べたところ、パーソナルトレーナーとクライアントをマッチングさせるサービスは多かったのですが、ユーザー同士のマッチングアプリは見つかりませんでした。

ユーザー層としては
「パーソナルトレーニングが高くて受けられない」
「職業トレーナーじゃないけど、趣味で長年筋トレしている」
なんて人たちです。

社会に与える影響として、
誰もが指導者になれることでパーソナル指導の供給が増え、価格崩壊。
安くなることで誰もが簡単にフィットネスに参入できる。
なんてことを想像しています。

一部のパーソナルトレーナーさんから怒られそうな思想ですが、いろんな職業が大衆化している現代社会の流れを見ると時代にマッチしたサービスになるんじゃないかと思ってます。

現状、僕は上記のようなアイディアを持っているだけで本格的に動き出す予定はありません。
というのも、僕はプログラミングができず、アプリ開発を外注するほどの資金もないからです。

このアイディアに賛同してくれる方がいて実現可能になりそうならばぜひやってみたいと思っているわけで、今回はこのような記事を書いてみました。

Twitterで連絡いただけると幸いです。