ビーガン対応のBBQ”プロテイングリル”を開催したよ!!

2018年8月14日

プロテイングリル ビーガン BBQ

2018年7/29(日)に開催されたBBQイベント「プロテイングリル」に参加いただき、本当にありがとうございました!

今回のイベントの発案者として非常に嬉しく思うと同時に、いち参加者として皆さんと一緒に楽しめたことがこの夏1番の思い出となりました。

このようなイベント運営は初めての経験で、不慣れなところが多数ありました。
しかしながら、幸運なことに素敵な運営メンバーならびに参加者の皆さんにご協力いただけたことで無事「プロテイングリル」をやり遂げることができましたので、ここにその報告と皆さんへの感謝の気持ちを綴りたいと思います。

イベント概要

日時:2018年7/29(日)
場所:葛西臨海公園
価格:男性2,500円 女性1,500円
参加人数:80人弱

提供料理

BBQ お肉

サーロイン、肩ロース、牛タンの焼き肉
豚バラ串
リブステーキ
鶏胸肉、鶏ささみの焼き肉
チーズちじみ
フェイクミートのハンバーグ(ラクト・オボ・ベジタリアン対応)
フェイクミートのソーセージ(ラクト・オボ・ベジタリアン対応)

ビーガン 大豆ミート

(以下ビーガン対応)
大豆ミートと野菜の串焼き
チキンチャンク
ビーガンピザ
エリンギのホイル焼き
ナスの炭火焼き

制作グッズ

運営Tシャツ(イベントロゴとスポンサー様ロゴ)

Twitterパネル

BBQ ビーガン

フォトプロップス
参加者バンド(赤:一般の方 緑:ベジ関係)
ビーガンフラッグ(ビーガン対応の料理、及び調理器具の分類に使用)

BBQ ビーガン

運営メンバー

食べるプロテイン栄養士 佐藤樹里さん @JuriJapan1
ベジレスレビュアー スマベジさん @smile_veg
アレルギー専門管理栄養士 岡ひかりさん @hikarishokudou
ガリガリ筋トレ旅ブロガー タノウエさん @Tomohiro_Tanoue
メンタルコーチ たい@背中押し屋 @senaka_push
筋トレブロガー 鈴木太郎さん @taro8138
腹筋のお兄さん ヨコさん @yokoi3710
ビーガンカフェ店長 工藤柊さん @itllbedark
溝口亜紀子さん
当ブログ運営者 池田あゆみ @ayuphonse

スポンサー様

メンズ向けメディア「SQUAD」運営 飯島一休 様
豚専門焼肉店 BUTAMAJIN 様 (The vegetarian butcher 様)
ベジタリアン食材ショップ かるなぁ

スペシャルサンクス

写真撮影: 
Victor 様

食材提供:
不二製油 様
椎葉康祐(バーシー) 様
樫村瑞生 様
比嘉一雄 様
はらだすみれ 様

現場協力:
旅するトレーニーしみけん 様
渡辺世奈 様
藤沢篤 様
杉浦巌 様
津守那哉 様
松井圭佑
飯田大貴

上記はあくまでも僕がお名前を把握できている範囲です。不慣れなイベント運営につき、参加者の皆さんに協力していただいてこその成功だと感じています。

皆さん、本当にありがとうございました!!

あとがき

ここからはあとがきとして、今回のイベント開催に至るまでの裏話や僕のイベントに秘める思い、裏の狙いなんかを記します。

暇な場合にのみ、読んでいただけばと思いますし、あまり読んでほしくないような思想の強い話もあったりします。

イベント企画の流れ

今回のイベントのアイディアは僕がまだメキシコにいる時からありました。
(僕はメキシコの留学生ですが、今回は大学の夏季休業を使って日本に帰国しています。)

↓詳しいプロフィールはこちら

今回の企画では、すでにアイディアの段階で僕の中で決定していたことが多々あります。

  • 管理栄養士の樹里さん、ベジレスレビュアーのスマベジさんと共に運営し、「ビーガン」「ノンビーガン」をバランスよく集客する
  • 一休さんにイベントスポンサーになってもらう
  • それによって参加費を安くする

などです。

日本帰国後はすぐにスマベジさんに会いに行きました。
Twitterで感じていた通り、本当に素敵な方ですぐに一緒にイベントを運営することが決まりました。

続いて樹里さん。
樹里さんには本当に背中を押してもらっているばかりで、樹里さんに提案していただけたからこそ今回のような大規模イベントに成長させることができました。

一休さんも今回の帰国で初めてお会いさせていただきましたが、見た目に反して(失礼)めちゃくちゃ仕事熱心のまじめな方でした。
僕のイベントへの思いを真摯に聞いてくださり、協力していただけることに。。。
本当にありがとうございました!😭

なかなか反響がよかった「新価格発表」の動画も、割と早い段階から持っていたアイディアです。

スポンサーの一休さんや、協賛という形で食材提供をしてくださったThe vegetarian butcher様、かるなぁ様があってこそ、このような戦略を打つことができました。

本当にありがとうございます!

ちなみに参加費を安くしたかった理由は以下の2点です。

  • 自分の集客力に地震がなかった
  • 自らが学生であるため、価格が高すぎるイベントは嫌だった

決して深い意味があるわけではありません。

今回のイベントでは、「事前決済による参加予約」というシステムを取っていたこともあって開催直前まで参加人数がわからず。。。
台風直撃の可能性もあったために、「誰も来てくれないのでは」という心配がイベント開始直前までずっとありました。

が、蓋を開けてみると本当にたくさんの方に参加して頂くことができ、受付の長蛇の列を見たときには本当に嬉しかったです。

イベント開催1週間ほど前から不安に襲われていましたが、開催に近づくにつれ不安はどんどん大きなものに。
そしてピークに達したのが、イベント開始直後でした。

会場の大きさが予想より小さく、予定していた通りにテーブル類を配置できない。
注文していたレンタル品が足りない。
グリルの火力が弱く肉が焼き挙がらない。
などなど。。。

「準備」ばかりに気を取られ、「現場」での立ち回りのシュミレーション不足が明らかになりました。

それでも今回のイベントが成功できたのは、参加者の方々が率先して食材を焼くのを手伝ってくれたり、机を並べてくれたり、参加者の誘導を手伝ってくれたりしてくれたおかげです。

第一回のイベントを素敵な参加者の皆さんと行えたことを本当に嬉しく、また誇りに思います。

企画段階での僕アイディアに運営メンバー、スポンサー様、参加者の皆さんの「+α」が加わり、想像以上の素敵なイベントにすることができました。

本当にありがとうございました!

イベントへのコメントたちとその回答

TwitterやFacebook、Instagramにて、本当に多くの嬉しいコメントを頂きました。

#プロテイングリル というタグで検索するとみることができますが、今回は一部のみここで紹介させていただきます。

マッチョさんたちに特に人気だった大豆ミート。

実際に焼いていたスマベジさんがマッチョさんたちに「どこで手に入るんだ!?」と質問攻めにあっていたそうな。

それもそのはず。
2018年、最新の大豆ミートは本当に美味しく、しかも大豆が原料なので低脂質かつ高タンパク
僕はこの食材があるからこそ、「ビーガン×筋トレ」が実現できているといっても過言ではないほど、大豆ミートは体作りに欠かせない食材です。

今回出させてもらった大豆ミートは全て協賛という形で提供していただきました。

The vegetarian butcherのチキンチャンクは冷凍のフェイクミート(大豆ミート)で動物性原料不使用。
食感が本当に肉のようでとにかく美味しい!

the vegetarian butcher BUTAMAJIN フェイクミート

僕はこれを実際に池袋のお店で頂き、一口で心を鷲掴みにされてしましました。
「ビーガンをしらない一般の人にもこれを食べて欲しい!!」
という思いでお願いしたところ、提供していただくことができました。ありがとうございます!

ネットで購入することも可能ですが、池袋の豚専門焼肉店のBUTAMAJINさんで食べることもできます。
焼き肉屋さんなのにビーガン対応が万全で、チキンチャンクの焼き肉以外にもクッパ、ビビンバ、その他もろもろたくさんのビーガン料理を楽しむことができるのでオススメです。

↓BUTAMAJINに行ってみた

串焼きの方で使わせてもらったのはベジタリアン食材ショップのかるなぁさんに提供して頂いた乾燥タイプの大豆ミートです。
こちらのほうが一般的で、実際にかるなぁさんのネットショップで購入しているビーガンやベジタリアンの方は多いのではないでしょうか?

かるなぁ 大豆ミート

お湯で茹でた後に下味を付け、焼いたり揚げたりお肉のように料理がすることが可能です。
チキンチャンクに比べ低価格なので、日常的に食べるとしたらこちらの乾燥大豆ミート。
なにか特別な日に、ちょっと贅沢したい日に食べるとしたら冷凍のチキンチャンクかなぁと個人的には思いますが、どちらも「大豆ミート」という新しいジャンルの食材です。

動物性のお肉に含まれる飽和脂肪酸が少なく、コレステロールも含まれませんので、肉の過剰摂取による血管や心臓の病気対策としてビーガンでなくても「大豆ミート」を取り入れることはとても効果的です。

また、とても脂質が少ないので体作りの減量期、ダイエットなどでも十分に活用する子ができます。
冷凍のチキンチャンク乾燥タイプの大豆ミート、どちらもかるなぁさんで購入することが可能ですので早速日常の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ちなみに今回のイベントの運営メンバーである岡ひかりさんは過去にも当ブログで紹介させていただきましたが、「血管年齢測定」を実施されています。
人差し指にクリップをつけるだけ、採血なしのその場で結果のわかる血管年齢測定をしてくれますので、自分の健康状態が気になる方は試してみることをオススメします。

岡ひかり 血管年齢測定

↓岡ひかりさんのプロフィール

血管を調べるだけで、いろんな健康状態を知ることができるんですよ!
僕も毎回帰国したときにやってもらって食生活の改善に役立てています!

筋トレに興味を持ってくれた方も多いようです。。。
あれだけマッチョがいれば、「自分もいつか。。」と思いますよね。😂

そんな時はこの人!

イベントスポンサーの一休さん!
彼も最近筋トレを始めたばかりで、まずは3ヶ月を目安に僕の指導のもと体作りに取り組みます。

一休さんの運営するメンズ向けメディア「SQUAD」では、かっこいい男であるために必要な情報を惜しみなく発信してくれていますが、ここでも僕のアドバイスや一休さんの体作りの現状なんかを更新してくれるはずです。
ぜひ、一休さんのアカウントをフォローして、一緒に体作りをしましょう!!

このように、本当に多くの素敵なコメントを頂きました。

皆さんと作り上げることができた今回のイベントは大成功でした!

本当に、本当にありがとうございました!!!

最後に

極端なことを言うならば僕は動物愛護家でビーガン啓蒙家です。
活動のゴールはビーガン人口を増やし、動物の命の搾取を減らしていくことです。

しかし、最近の発信活動は「ビーガンとノンビーガンの共存」にフォーカスしています。
これは、ビーガンを啓蒙していく上でまず初めに踏むべきステップであると思っているからです。
このフェーズを吹き飛ばしてビーガン人口を増やすことはできませんし、周知されていないこと強く発信するのみでは誤認を招きかねません。

正直、僕もこのような発信の方法をするまでは、ビーガンの発信をしている人は皆デモ活動がメインの過激派かと思っていました。
しかし、「もっと寛容に、楽しく行こうぜ!」というスタンスを取ってから、同じように考えている人が多数いることに気がつきました。

おそらく、一般の人のビーガンに対するイメージもまだ前者止まりなのではないかと思っています。
今回のようなイベントを含めた発信活動を通じて、一般の方に「ビーガン」というライフスタイルを知ってもらうのと同時に、ビーガンのビーガンなりの食生活の楽しみ方を開発、当たり前のようにお互いが同じ食卓で共存できる社会を目指します。

29日(肉の日)に「肉の消費量を減らそう!」と発信するのもストレートでいいかもしれませんが、「大豆の肉もあるよ!」と発信するのが僕のやり方です。
少々出過ぎた言い方かもしれませんが、過激に活動をされている方に今一度発信方法を見直すきっかけになってくれればいいなぁ。とも思っております。