【ビーガン(というコミュニティを作るのを)やめましょう】動物愛護をもっと身近にするために

2017年11月20日

こんにちは。ビーガンアスリートの池田あゆみ@ayuphonseです。

先程ビーガンについてのツイートをしたら5人のフォロワーさんからリムられましたが、それでも性懲りもなく今回はビーガンについてのオピニオン記事を書いていきます。

ぜひ最後まで読んでいただき、そして今回僕が提案する運動に参加していただきたいです。
よろしくお願いいたします。

ビーガンってそんなに変なこと?

僕はビーガンです。
つまり、動物性食品を一切摂取しませんし、革製品や毛皮製品などの動物性の物質が使われた製品の購入をしません。(過去に買ったものについては今も使っています)

皆さん、ビーガンについてどう思いますか?

多分、あんまり良い印象はもってないですよね。
ネットでもよくビーガンの思想についての論争(?)をよく見かけます。

この動画のコメント欄とかね。

一部抜粋

なぜ論争が起こるのか

論争が起こる理由は単純明快。

ビーガンビーガンじゃない人という2つのグループで対立が起こるからです。

いや、そうだけど。。。

ビーガン 論争

画像のように、思想によって見事に分裂してしまうんです。

ビーガンの人たちもビーガンじゃない人たちのことを”残虐者”と見下し、自分の行いの正しさ(?)を盾にマウンティングします。

逆にビーガンじゃない人たちも、ビーガンの人のことを”宗教的””偽善者”などと否定しようとします。

このように分裂するからこそ、対立が起こるのです。

僕たちは多分同じ考えを持っている

この動物がじゃれ合う動画を見て、どう思いますか?

多分、ほとんどの人が幸せな気持ちになったんじゃないかと思います。

犬とか猫とかをペットにしちゃうぐらいですから、おそらくほとんどの人は動物好きですよね。

少なくとも僕は「動物嫌い!反吐が出るわ!」っていう人を見たことないっす。

だからこそ、思うんですよ。
まずは「みんな動物が好き」っていう事実を認め合いましょうよって。

ビーガンの人は、

動物が好きならビーガンになるべき!

とか思うんでしょうけど、やっぱりお肉が美味しいのは事実ですし、お肉が当たり前のように食される時代に生まれて「肉食は間違ってる」って考えを持つ人間って少し特殊です。

今この時代では、動物愛護の気持ちを持っていてもビーガンになるという選択をすることは非常に難しいんです。

みんな動物が好きだけど、だからといってビーガンになるかどうかは人それぞれ。

僕の場合

僕は動物愛護の理由からビーガンになりましたが、そこまで動物が好きかと言われると

うーん。。。

って感じです。

いや、好きなことは間違いないんですけど、猫虐待のニュースとか見てハラワタが煮えくり返るほどかと言われるとそうじゃないですし、可愛い動物の動画をワーキャー言いながらリツイートするかと言われると多分しないです。

犬派?上腕二頭筋派?と聞かれたらならば、僕は間違いなく上腕二頭筋派です。

じゃあなんでそこまで動物愛が強くないのに、ビーガンなの?

僕はかなり特殊な境遇が2つ重なっていたために、ビーガンになるという選択を簡単に取ることができました。

  1. 交友関係が極端に狭い
  2. 僕は社交的な人間ではないので、他人とご飯に行くこととかがほとんどありません。
    ビーガンを否定してくれるほど親切な友人もいないですので、楽でした。

  3. 食生活をコントロールすることに苦がない
  4. おそらく、多くの方がビーガンになりたくない理由として挙げるのが「肉を食べたい」ってことですよね。
    僕は、高校生の筋トレを始めたころから、味を楽しむために食事を取るという行為をほとんどしてません
    食事は筋肉のためですので、美味しい霜降りステーキよりパサパサのサラダチキンを食べてました。
    だから、今からビーガンになって動物性食品を食べない、という選択を取ることも苦ではありませんでした。

ビーガニズムをもっと身近に

過去にビーガンについてまとめた記事でも言いましたが、僕はまずビーガンとノンビーガンが簡単に共存できる世界を目指したいんです。
ビーガンが理想とする100%ビーガンの社会を目指すには現状ちょっと難しいですので、まずは段階を踏む必要があります。

そこでまずは
「ビーガン」というカテゴリにとらわれるのを辞めませんか?
というのが今回の僕の提案です。

「ビーガン」というカテゴリがあるからこそ、ビーガンにはなれないからビーガニズムには参加しないという人たちがいると思うんです。

ビーガンにならないとビーガニズムには参加できない。そんな不自由なビーガニズムはいらないです。
「ビーガンを辞める」というのは、ビーガニズム、動物愛護を、もっと簡単に、もっと身近にするための提案です。

僕の提案

  • 動物が好きだから、動物愛護には興味がある
  • でも100%ビーガンになるのはすごく難しい

という人たちと、そしてそれを取り囲む社会に対して、新しい提案です。

少しでも動物性食品を減らす努力をしてみませんか?

100%のビーガンであることとか、この際どうでもいいです。
僕一人が100%ビーガンを貫くよりも、10人の人間が動物性食品の削減に取り組んだほうがビーガニズムは加速するんです。

今現在のあなたの食生活を基準としましょう。
そして、そこから少しでも動物性食品を減らすことができたら、それは十分に動物愛護に貢献してると言えるはずです。

あなたのその小さなビーガニズムに、僕は最大の敬意を評したいです。

参加方法

僕のこんな小さなブログでは影響力は皆無かもしれません、なにか目に見える形の運動を起こしたいので、読者の方、フォロワーの皆さんにぜひ協力していただきたいと思います。

方法は至って簡単。

  • 牛乳を豆乳に変えた。
  • ホットケーキを作る時の卵を抜いてみた。
  • マヨネーズの代わりに植物性ドレッシングを使った。
  • プロテインをソイプロテインにした。
  • バターをマーガリンにした。

などなど、なんでもいいので動物性食品を植物性食品に変更させた体験を発信してください。

どんなに小さなことでも構いません。

ハッシュタグは、そうですね。。。
#小さなビーガニズム
にしましょう。

僕はとにかく今回の記事を通して、ビーガニズムを拡大させたいのもそうですが、なによりもビーガンとノンビーガンが簡単に共存できる世界を目指したいんです。

ですので、特にビーガンじゃないよ!って人に参加してもらいたく、そしてできれば記事のシェアもお願いしたいです。

P.S.

上記で紹介した動画には続編(反省編?)があります。
https://www.youtube.com/watch?v=MGjm_UTt3Ts&t=1s