Polcaの企画の説明【地震の被害にあったメキシコシティへボランティアに行きたい。】

2018年10月24日

*ボランティア活動は無事、終了しました。
現在は活動報告の記事を執筆中ですのでお楽しみに。
Polcaでの支援は目標額の35,000円に到達するまで続けますのでよろしくお願い致します。

初めまして。
池田歩と申します。

メキシコの現地時間で9/19午後1時14分にマグニチュード7.1の大きな地震が起こりました。
詳細はコチラ。

震源はプエブラ州という首都のメキシコシティに隣接している州で、メキシコシティでは多くの建物が倒壊し、現在(9/20午後6時-メキシコ時間)200名以上の方が亡くなられたことが確認されています。

僕は2014年からメキシコのチワワ州という北部の街へ大学生として留学をしていますが、周りには今回被害が特に甚大なメキシコシティ出身の友達が大勢います。

昨日、学校帰りにスーパーへ買い物に出かけた際に、メキシコシティ出身の友達が青ざめた顔で携帯を耳に当てている姿を見かけ、この地震のことを知りました。

メキシコシティには大学を卒業し帰省した友達も大勢いますし、2015年の12月には観光に行った際に本当に多くの方にお世話になりました。

また、メキシコは東日本大震災で日本が大変だった時に支援をしてくださった国の一つでもあります。

東日本大震災が起こった2011年では、僕はまだ高校生で何もできない無力さに不甲斐なさを感じましたが、今回こそは何か役に立ちたいと思い今回このような企画をしました。

「当時の恩返し」といえるほどの大義を背負ってのことではありませんが、4年間お世話になっているこの国が大変な時に、当時お世話になった方々が被害に会っている時にじっとしていることができないという思いが強くあります。

ボランティアの詳細

現在メキシコシティではボランティアを募集しています。

EL ECONOMISTAより出典

ボランティアを希望する方はEscuadrón de Rescate y Urgencias Médicas(救急レスキュー部隊)に出向くと仕事を割り振ってもらえるそうです。

今回のような緊急事態では特に秩序が大切だと考え、自分ひとりで行動するよりはしっかりとボランティアを管理している機関に身を任せることを決めました。

もしかしたら、SNS映えしないような地味な作業になる可能性もありますが、必要なのであればその仕事についてしっかりと取り組みたいと考えています。

日程

平日は大学の授業があるために難しく、ボランティアに参加できるのは土日の2日間のみです。

金曜日の午前中に授業が終わりますので、チワワを金曜日に出発。
土日とボランティアに参加し月曜日の早朝の便でチワワに戻る予定です。

早くて今週末にボランティアに参加することを考えています。
Polcaでの集金を待っている時間はなさそうですので、クレジットカードで交通費を支払います。

移動の詳細と交通費について

金曜日の午後にバスでチワワを出発し、土曜日の午前中にメキシコシティに到着予定です。
このバスはOmnibus Mexicoという会社のものを使い、値段が1,534メキシコペソ(9,696円)になります。

チワワへの帰りは月曜日、メキシコシティ6:15発のInterjetという航空会社の飛行機に乗ります。
値段は3,080メキシコペソ(19,468円)です。

バスのほうが安価に抑えられますが移動に20時間ほどかかり、月曜日の朝から授業に参加するようにバスに乗るとボランティアとして活動できる時間が非常に限られたものになってしまうため、今回帰りは飛行機という選択をします。

行きをバス(9,696円)、帰りを飛行機(19,468円)とし、往復で交通費が合計29,164円となります。

今回、Polcaでの目標支援額は35,000円と設定させて頂きました。

残りの5,836円については宿泊費、メキシコシティでの移動費、チワワ空港からの移動費などとして使わせて頂く予定ですが、詳細については事後報告となりますがこのブログで報告させていただきます。

リターンについて

リターンを2つ用意しています。

  1. 活動の様子を撮影したものをエアメールで送信させて頂きます。
  2. ダイエットや筋トレの相談を受けます。

もちろん、どちらも受けることは可能です。

それぞれ説明させていただきます。

活動の様子を撮影したものをエアメールで送信させて頂きます。

これはもともと僕が旅ブログにて、旅費を支援していただこうと思い考えていたリターン企画の一つです。

*旅ブログは完成次第、公開する予定です。現在はまだデザインやコンテンツを充実させている段階ですが一応下にリンクを貼っておきますね。

旅先で撮影した写真をその場で印刷し、旅先の郵便局からエアメールで送信することを考えていました。

写真の裏には住所の他にメッセージなどを書き込むことができ、また郵便局でご当地スタンプを押して貰えることから、僕はよく旅先から家族にエアメールを送り、思い出としています。

今回はボランティア活動中の写真を1枚、メキシコからエアメールとして送らせていただきます。

メキシコシティに滞在できる時間はわずかで、またボランティア活動に従事したいためにエアメールの送信はチワワ州に帰ってきてからとなりますのでご当地スタンプがチワワのものになることを理解して頂けたら幸いです。

住所を教えていただくことが一番確実ですが、近くの郵便局と宛名として実名だけ教えて頂ければ、郵便局留めとして氏名を告げることで受け取ることもできます。

お好きな方法を選んで頂ければと思います。

エアメールの送信代は今回Polcaの支援額に考慮していません。

ダイエットや筋トレの相談を受けます。

ダイエット、筋トレブログを運営しているために、それらについて相談していただくことも可能です。

ウエイトトレーニングを10年近く続けてきて、大学でも体育教育学部の栄養学専攻として勉強していて、将来的にはフィットネス業界で働くことを考えています。

特に資格などはありませんので、そこだけ理解していただきたら幸いです。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

ボランティア活動の詳細についてはネットに繋がる環境にある時にリアルタイムでTwitterで報告その後ブログの記事をアップしますのでどちらも確認して頂けたら嬉しいです。

Polcaの企画は以下にリンクを貼らせていただきます。
300円から支援を募集していますので、どうぞよろしくお願い致します。

Polcaの支援はコチラからお願い致します!