【食べる順番を変えるだけ】血糖値の上昇を抑えて体脂肪の増加を抑える

2017年10月12日

前回は、主食である炭水化物をGI値の低い食品へ置き換えることでダイエットに効果的であるという話をしました。

今回はそれらの方法に加え、とあるものを食事の前に食べることによって血糖値の上昇を抑えダイエットする方法を紹介します!
さっそくどんな食べ物を食事前に摂ると良いのか、見ていきましょう。

サラダ

とても健康そうなイメージのあるサラダです。
ビタミンなどのミクロ栄養素が摂取できるということで、健康に気を使っている人であれば毎食食べているという人もいるのではないでしょうか。

そうしたらぜひ、このサラダは食事の前に全て食べきって頂きたいんです。
野菜などに多く含まれている食物繊維他の栄養素の吸収を妨げ緩やかにする効果があります。

主食であるご飯やパンを食べる前に、まずサラダを食べて消化器官を食物繊維でコーティングしましょう!
これにより、炭水化物の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑えることが出来るんです。




ミルク

食物繊維と同じ理由で油分も食事前に摂取することで血糖値を抑えることができます。

アーモンドミルクヘーゼルナッツミルクといったナッツ系のミルクや牛乳など、油分を多く含むミルクがおすすめです。

食物繊維と油分をどちらとも多く含むココナッツミルクは非常におすすめです。

*上記リンクで購入頂くと5%オフで購入することができます。
当サイトはこのようなアフィリエイト収益で運営しています。

しかし、油分は取りすぎてしまうとカロリーが高くなりすぎてしまうので注意です。




サプリメント

食事前に食物繊維などを摂取するためのサプリメントもよく流通しています。
イージーファイバーダイエット 30パック
もうお分かりかと思いますが、このようなサプリメントは上記のようなメカニズムでダイエットをサポートしています。

食事前にサラダなどを食べる習慣がある方は成分が重なってしまうので、サプリメントとして摂取する必要はありません。


食事の順番を少し変化させるだけでもダイエットに効果的なんです。
是非、お試しください。